特長

スピーチ・ウェーブとは

スピーチ・ウェーブは、「患者の食事姿勢」や「内視鏡やX線透視画像等の医療画像」と共に「声」や「嚥下音」をビジュアル表示し、記録・再生できるシステム です。
「嚥下音」や「術前術後の言語機能」の評価への活用が期待されており、音の大きさに応じて色調が変わる「色別表示機能」、発声時間(期間)が一目でわかる「ビジュアル表示機能」等、医療従事者の意見を取り入れています。
 
患者様ごとのフォルダ管理機能も搭載しており、継時的なリハビリ効果の比較もしやすくなっています。
 

スピーチ・ウェーブ紹介画像
*本製品は医療機器ではありません。

3つの特長

ビジュアル表示機能搭載
 
一目でわかる
ビジュアル表示機能搭載

(独自の色調と波形形状を採用)
マルチ表示機能
 
患者姿勢や医療映像と同時に
声や嚥下音を表示できる
マルチ表示機能
患者フォルダ機能
 
患者毎に記録映像の管理が
可能な患者フォルダ機能で
リハビリ効果の評価にも貢献
スピーチ・ウェーブ説明画像

 

オプション

カメラ映像表示機能は、対応の機器と接続することで
内視鏡画像やX線透視映像を映し出すことも可能です。
 

オプション対応機器
○エアキャプチャー
○エアスコープ
(リブト株式会社製)

 

オプション画像

 

仕様

 

アプリケーションソフトウェア(App)情報

 

名称 スピーチ・ウェーブ(音声ビジュアル表示システム)
App呼称 SpeechWave
販売元

livet Inc.

カテゴリ

ビジネス

※最新の情報は、App Storeにてご確認ください。

 

 

名称 スピーチ・ウェーブ(音声ビジュアル表示システム)
App呼称 SpeechWave
販売元

livet Inc.

カテゴリ

ビジネス

※最新の情報は、App Storeにてご確認ください。

 

 

提供セット内容の一例

スピーチウェーブ(App)と、iPad、
音声マイク等のセットにて提供が可能です。
 
例) スピーチウェーブ(App)、 iPad(iPad Proも選択可能)、
   音声マイク(南豆無線電機製 咽喉マイク:NZ-210CjK)
スピーチ・ウェーブセット内容画像

 

スピーチ・ウェーブのよくあるご質問

咽頭マイクを装着することで嚥下音も聞こえます。

はい。大丈夫です。(但し、iOS10以上)

対応していません。iPad専用のシステムとなっています。

咽頭マイク以外のマイクも組み合わせ可能です。

はい。オプションの装置(リブト社 エアキャプチャー等)を組み合わせることで内視鏡画像やX線透視画像を嚥下音と同時に映し出せます。こちらよりお問い合わせください。

iPadの有無等を確認させて頂き、最適なセットでお見積もりいたします。

 
フードケアのバナー